• 在校生・教職員向け情報
  • 佐賀大学農学部入試情報およびオープンキャンパス
  • 附属アグリ創生教育研究センター

生物環境科学科

英語版リンク

概要

生物環境科学科 概要写真

生物環境科学科は、生物環境保全学講座、資源循環生産学講座、地域社会開発学講座の3講座で構成されています。本学科では2年次から各講座の担当する講座に分かれて体系的な専門教育が行われます。生物環境保全学講座では、地球・生物・人の調和を図り、環境に負荷の少ない生物生産環境の創出・保全と豊かな生活空間の創造に関する教育研究を行います。資源循環生産学講座では、農業における資源、エネルギー、環境などの課題に取り組み、高度な生物生産システムに関する教育研究を行います。地域社会開発学講座では、持続可能な循環型社会の構築を目指し、国際的視野で民族、地域資源、環境社会、農林水産資源とビジネス開発に関する教育研究を行います。

主な授業科目

【生物環境保全学講座】

現代環境学、環境化学、地球環境学、気象水文学、水環境学、干潟環境学、地盤環境学、土壌環境科学、環境水理学、環境浄化生物学、環境汚染化学、環境基礎解析学、実験生物環境保全学、実験水気圏環境学など

【資源循環生産学講座】

環境保全型農業論、食物作用学、栽培技術論、栽培環境制御学、動物生産管理学、バイオマス利用学、エネルギー利用学、生産情報工学、生産システム設計論、資源循環フィールド科学など

【地域社会開発学講座】

農業ビジネス開発論、食糧流通経済学、環境社会学、環境地理学、環境衛生学、生態人類学、アジア環境政策学、国際地域開発論、国際農村保健学、NPO・NGO論、農業政策論など

ページトップへ戻る

取得できる資格

高等学校教諭1種(理科、農業)、中学校教諭1種(理科)、測量士補・測量士(1年以上の実務経験必要、生物環境保全学講座のみ)、自然再生士補(生物環境保全学講座のみ)、1級及び2級土木施工管理技師受験資格(生物環境保全学講座のみ)、農業改良普及指導員受験資格(実務経験必要)、家畜人工授精師受験資格(資源循環生産学講座のみ)、食品衛生管理者※、食品衛生監視員※
※他学科で開講される科目を含め所定の8科目以上を履修し、単位を修得すると、申請要件を満たす。

卒業後の進路

  • 国家公務員(農林水産省、九州農政局、国土交通省、九州地方整備局など)
  • 地方公務員(県、市町村など)
  • 教員(高志館高校、佐賀農業高校、唐津南高校、伊万里農林高校など)
  • 農協組織(全国農業協同組合、県中央会、県経済連、県園芸連、県果実連、県信連、県共済連、県酪連、県畜連、各市町村農協など)
  • 製造業(大関、カルビー、西日本フード、森永乳業、ロック・フィールド、山崎製パン、フランソア、ヨコオ、キリン協和フーズ、宮島醤油、ロイヤル食品、九食、久光製薬、再春館製薬所、沢井製薬、片倉チッカリン、フコク、ヤンマーなど)
  • 情報通信業(日本放送協会(NHK)、富士通九州システムズ、毎日コミュニケーションズなど)
  • 建設・コンサルティング・環境サービス関連業(エイト日本技術開発、興和、佐電工、タマホーム、アース環境サービス、青木あすなろ建設、サンスイコンサルタントなど)
  • 大学院進学
    など多様。

生物環境科学科 写真

ページトップへ戻る

フラッシュプレイヤーのダウンロード このホームページをご覧いただくには,FLASH Playerが必要です。 プラグインをお持ちでない方は,ダウンロードしたうえでご覧ください。