新着情報

連合農学研究科の八坂氏が日本植物病理学会学生優秀発表賞を受賞

賞状の写真

鹿児島大学大学院連合農学研究科農水圏資源環境科学専攻(植物ウイルス病制御学分野・大島教授指導)博士課程3年八坂亮祐氏が平成28年度日本植物病理学会学生優秀発表賞を受賞しました。


日本植物病理学会学生優秀発表賞の受賞内容

平成28年度日本植物病理学会の全国大会が平成28年3月21日〜23日岡山市(岡山コンベンションセンター)で開催され、そこで発表した講演で八坂亮祐君が学生優秀発表賞を受賞しました。受賞演題は「カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアヘと続く拡散径路とその時期について」です。

学生優秀発表賞とは、日本植物病理学会学生会員の講演発表の中から優れた研究発表を選んで表彰するものです。研究の新規性・インパクト、発表タイトル(和文、英文)の的確性、要旨の内容(目的や結果、結論等)、スライドの完成度、発表態度、得られたデータが学術的、病理学的に論議しているか、などが総合的に評価されました。









ページトップへ戻る