• 在校生・教職員向け情報
  • 佐賀大学農学部入試情報およびオープンキャンパス
  • 附属アグリ創生教育研究センター

農学部ではこんな方を求めています!

応用生物科学科 | 生物環境科学科 | 生命機能科学科

応用生物科学科

応用生物科学科は、次の要件を満たす人の入学を歓迎します。
  1. 本学科の教育・研究の目的と内容(多様な動植物の生理生態的特性の解明、バイオテクノロジーを用いた有用生物資源の開発・利用、有用動植物を加害する病害虫の制御、等)について理解と関心がある人
  2. 本学科の教育研究の内容を理解するための基礎となる授業科目(生物、化学、数学、英語、国語、等)を履修している人
  3. 問題解決に向けて、粘り強く自己研鑽につとめる熱意と実行力がある人
  4. 本学科で学んだことを活かして社会で活躍したいという目的意識と向上心がある人

生物環境科学科

生物環境科学科は、生物環境保全学、資源循環生産学、地域社会開発学の3講座に分かれています。

生物環境保全学講座では、地球・生物・人の調和を図り、環境に負荷のない生物生産環境の創出・保全と豊かな生活環境の創造に関する教育研究を行います。

資源循環生産学講座では、農業における資源、エネルギー、環境などの課題に取り組み、高度な生物生産システムに関する教育研究を行います。

地域社会開発学講座では、持続可能な循環型社会の構築を目指し、国際的視野で民族、地域資源、環境社会、農林水産資源とビジネス開発に関する教育研究を行います。

以上のような観点から、本学科は次のような人を求めます。
  1. 自然環境、社会環境、及び生物の生産環境の保全と修復に興味をもつ人
  2. 永続的な農業を可能にする新たな生物生産システムと経済社会システムの創造に意欲のある人
  3. 生物産業あるいは環境科学の分野で、研究者、技術者として国際的な視野で活躍する意欲のある人

生命機能科学科

生命機能科学科は、生化学や分子生物学を基礎として、微生物からヒトにわたる幅広い生物の生命現象のしくみや機能の解明を行うとともに、それらを応用した食品機能の追求と開発、食品の安全性、バイオマスの利用などに関する教育と研究を行っています。

以上のような観点から、本学科は次のような人を求めます。
  1. 生体における遺伝子の発現や物質代謝とそれらの調節機構を分子レベルで理解するライフサイエンス、食品の生体調節機能、栄養機能や安全性などに興味を持っている人
  2. 将来、本学科で学んだ知識や技術を社会で生かそうと考えている人
  3. 化学的手法を多用しますので、化学はもちろん生物、物理、数学など理系科目が得意で、英語、国語、社会などの基礎学力を十分身につけている人

ページトップへ戻る

フラッシュプレイヤーのダウンロード このホームページをご覧いただくには,FLASH Playerが必要です。 プラグインをお持ちでない方は,ダウンロードしたうえでご覧ください。