• 在校生・教職員向け情報
  • 佐賀大学農学部入試情報およびオープンキャンパス
  • 附属アグリ創生教育研究センター

地域社会開発学講座 島嶼社会経済学分野

概要

面積・人口比率から見て「日本の縮図」と言える佐賀県北(唐津市)の7つの島嶼(玄海諸島)は今、高齢化率が50%を超える「限界集落」に向かっている。本分野は本地域の世帯構成・交通・福祉・教育・産業等に関するフィールドワークを通じて、少子高齢化が加速する日本社会の未来像を探る。

スタッフ

島嶼社会経済学分野

小林 恒夫写真

教授 小林 恒夫

Prof. Tsuneo KOBAYASHI

平成28年3月31日付けで定年退職されました。
  • 専門分野 農業経済学
  • 主な担当科目

    学 部:農業政策論、半島・島嶼産業論、現代の環境問題、地域社会開発学概説

    大学院:農業政策学特論、地域農業組織特論

  • 主な研究課題
  1. 地域農漁業(平坦地域と半島・島嶼地域)と島嶼社会の持続性
  • キーワード  農業政策、島嶼、担い手、限界集落
  • メールアドレス 小林先生アドレス

ページトップへ戻る

フラッシュプレイヤーのダウンロード このホームページをご覧いただくには,FLASH Playerが必要です。 プラグインをお持ちでない方は,ダウンロードしたうえでご覧ください。