• HOME
  • お知らせ
  • [研究成果報告]鈴木章弘教授(作物生態生理学分野)ら

[研究成果報告]鈴木章弘教授(作物生態生理学分野)ら

根粒共生によって薬用植物カンゾウのグリチルリチン酸が増加することを発見! — 薬用植物カンゾウの生産に期待 —

大学院農学研究科修士2年 草場郁子氏と農学部 鈴木章弘教授(作物生態生理学分野)らの研究グループは、マメ科の薬用植物であるウラルカンゾウ(Glycyrrhiza uralensis)の根やストロンに含まれる薬効成分グリチルリチン酸が、根粒菌との共生によって増加することを世界で初めて明らかにし、Plant Biotechnology誌のAdvance online publicationに掲載されました。
本研究成果は、東北大学 佐藤修正教授、北海道医療大学 高上馬希重准教授、宮崎大学 明石良教授らとの共同研究によるものです。

 

関連リンク: